シミを今以上に増やさない

昔に比べ、「老けたなと」感じるシミなどが一気に増殖してしまうと、辛いものですよね。

昔の自分のような若いきれいな肌をみると、血色も良く、ピンッと張ってシミ一つなく、妬みたくなってしまうのです。

若い肌を保つために今からでも努力を惜しまないようにして、シミを今以上に増やさないようにしたいです。

何と言っても、シミができる大きな原因は紫外線と肌の老化と聞くので、肌を紫外線から守ったり、アンチエイジングをしていこうと思います。

もっとも有名なコラーゲンの効果は肌を美しくする効果です。

コラーゲンを取っていくことによって、体の中にあるコラーゲンの新陳代謝が促され、肌に潤いやハリを与えられます。

コラーゲンが体内で不足すると肌が劣化してしまうので、若々しい肌を保つためにも積極的に取り込んでください。

肌表面の皮溝と皮丘の模様を観察すると、肌の状態がよくわかります。

腕の内側と手の甲を比べてみると差は歴然でしょう。

きめ細かい肌というのは皮膚の模様が小さく、きれいな三角形を描いている状態を言います。

一方、乾燥や紫外線などのストレスを多くうけた皮膚は三角だった模様が間延びしたり、溝が深くなっているのがわかるでしょう。

こういう皮膚は保水性が悪いのです。

表皮バリアが極端に弱まるので、肌の基底部以深もかなり傷んできます。

土台が脆弱になると肌を支えられなくなり、しわが出てくるのは時間の問題です。

もしそうなってしまったら、気づいたときにすぐケアするべきでしょう。

「ずっと美肌を保つには、タバコは厳禁!」なんて言葉はよく言われているものですが、それは肌を白くするためにも、同じことです。

本当に肌を白くしたければ、タバコは即刻捨てるべきです。

その理由の中で一番に挙げられるのが、タバコのせいで起きるビタミンCの消費です。

タバコを吸うことで、美白に必要不可欠であるビタミンCを破壊することになってしまいます。

摩擦刺激を肌に与えることは肌のコンディションを保つ上でよろしくないという事実はもちろん知っています。

つい、力をぐっとこめてメイク落としをしてみたり、顔を洗ってみたり、仕上げのクリームをこれもまたぐいぐい塗ってしまったりします。

メイクを落とす時には、メイク汚れを浮かせるようなイメージでソフトに化粧となじませ、爪を立てずに指の腹で、優しくオフすればOKです。

念押しになりますが、とにかく脱力!を心がけ、刺激を与えないよう、ソフトに指の腹で丸をくるくると描くようにする、というのが理想的なやり方ですが、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。

肌のケアで一番大切にしたいのは、基本に忠実に洗顔することです。

ついうっかりしてしまう洗顔方法は、お肌を痛めてしまい、潤いを保つ力を低下させるファクターでもあります。

強くこすらずにそっと洗う、十分に洗い流しを行うといったことを自覚して、顔を洗うようにしてください。

実際、オキシドールで肌のしみ取りをするという話を聞いたことがあるのですが、傷を消毒するために開発されたオキシドールを、傷口もなく健康である肌に塗布するのはかなり負担がかかるはずです。

オキシドールを用いて髪の毛のブリーチをした人も多いと想定されますが、ヘアダメージが一気に進んでしまいます。

肌にもダメージを与えるとしか考えられないです。

最近になって、オールインワン化粧品がもはや常識になりましたね。

その中でもエイジングケアと称したオールインワン化粧品には、各社こぞって力を入れているようです。

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドというような保湿と結びつくものが少なくありませんが、アスタキサンチに注目が集まっていることもあり、レッドカラーのエイジングケア化粧品がたくさん出てきています。